夏バテ対策に酵素ドリンクは効果的?

毎年夏になると、「体がだるい」「食欲がない」「疲れやすい」など、様々な体の不調に悩まされませんか。
ご存知のとおり、これらの不調の総称を夏バテといいます。
さて、夏バテに酵素ドリンクは効くのでしょうか。
今回は、夏バテの3つの原因ごとに、夏バテ対策と酵素ドリンクの効果について考えてみました。

夏バテの理由と対策

夏バテの原因1|汗と一緒に体内のビタミン、ミネラルが失われる

外の気温が高い時、私たちの体は汗をかいて、体温を一定に保とうとします。
そして汗をかくと、水分と一緒に、ビタミンやミネラルも失われてしまいます。
特に水溶性のビタミンB1は、夏に不足しやすいビタミンです。
しかも、このビタミンB1は、糖をエネルギーに変える大切な役割があるので、
不足するとエネルギー不足になり、 夏バテにつながります。

対策はビタミンB1を多く含む食品を摂ることです。
多く含む食品は豚肉、うなぎ、レバー、大豆などの魚肉類や豆類です。
暑い時期を乗り切るためにうなぎを食べる土用の丑は、とても理にかなった習慣なのです。

もちろん、ビタミンB1以外の栄養素もバランスよく摂取する必要があります。
バランスの良い食事を心がけましょう。

酵素ドリンクの効果について

数種類の野草や野菜、果物から作られている酵素ドリンクは、ビタミンB1はもちろん、
その他ビタミンやミネラルをバランスよく含んでいます。

「暑くて肉なんて食べる気がしない」という時は、胃腸が弱っているときなので、
そんなときに無理やり肉を食べても、吸収効率が悪いばかりか、
さらに胃腸に負担をかけることにもなりかねません。
そんなときは、酵素ドリンクを飲むことで、夏をのりきりましょう。

ビタミン・ミネラルをバランスよく含む酵素ドリンクはこちら

夏バテの原因2|胃が弱って栄養吸収率が悪くなる

暑いとついつい冷たい飲み物や食べ物をたくさん採ってしまいがちです。
しかし、冷たい食べ物を採り過ぎると、胃が冷やされて働きが低下してしまいます。
胃の働きが低下すると消化不良を引き起こし、食欲がなくなります。
その結果、汗で失われたビタミンなどの必要な栄養素の吸収率が悪くなってしまうのです。

対策は「夏バテしてるな」と感じたら、いったん冷たいものを口に入れるのをやめることです。
そして、胃を温めるために温かい飲み物を飲みましょう。
さらに、お風呂にゆっくりつかったり、寝る時に腹巻きをつかったりして、体を中から温めると効果的です。

酵素ドリンクの効果について

酵素ドリンクは、原材料を発酵、熟成することで、半分消化されたような状態になっています。
つまり、栄養素が体にとって吸収しやすい形になっているということです。
消化を助ける酵素ドリンクを飲むことで、冷やされて弱っている胃の活動を助けてあげましょう。

消化吸収を助けてくれる酵素ドリンクはこちら

夏バテの原因3|自律神経が不調をおこしている

私たちの体は、自律神経の働きによって常に体温を一定に保とうとしています。
ということは、冷房が効いた室内と、暑い屋外を行き来していると、何回も調節が必要になってしまい、 最終的には体温調節がうまくいかなくなってしまい、夏バテにつながります。

対策は室内と屋外の温度差を5℃以内になるようにすることです。
エアコンの設定温度は28℃くらいにしましょう。
公共の場所や、オフィスなどでエアコンの温度を変えられない場合は、上着やひざ掛けなどでこまめに温度調節するようにすることをお勧めします。

酵素ドリンクの効果について

酵素ドリンクを飲むことで、消化酵素を節約して、代謝酵素不足を防ぎます。
そして、代謝酵素不足を防ぐことで、体の代謝がスムーズに行われ、冷えの改善に役立ちます。
酵素ドリンクを飲むことで、冷房による冷えの改善が期待できると考えられますね。

酵素ドリンクの比較表はこちら



酵素の効果を引き出すコンテンツ

●ダイエットと酵素の関係〜酵素の仕組みをきちんと知ればヤセ体質へ変わる!

●美肌・デトックスと酵素の関係〜ダイエットだけじゃない、綺麗な人が断食をしている本当の理由

●病気がち・疲れやすい…酵素力UPで体質改善〜代謝力と免疫力向上には酵素がカギ

●酵素と便秘の関係〜酵素不足は腸に負担をかけていた!

●食べ過ぎリセットなら酵素〜絶食や食事制限より酵素摂取がリセット力を高める。

☆効果別商品比較表〜酵素の効果別に人気商品を徹底比較してみました!

Copyright © 酵素液・効果別おすすめガイド《ダイエット・体質改善・美肌》 All rights reserved