食生活やライフスタイルで見る「酵素不足」の原因とは?

現代人は酵素不足だから、酵素をたっぷり補おうという発想がありますが、
実際「酵素不足」とはどのようなじょうたいなのでしょうか。

ここではあなたの食生活やライフスタイルで、酵素が不足してないかチェックしてみましょう。

食事はこってり系が好き

こってり系といえば、お肉や脂のイメージですが、肉類は通常加熱してから食べます。

お肉の消化は、体内の消化酵素を使い何度も形を変えて、体に吸収されますが、
お肉自体は加熱してから食べる事が多いので、酵素が含まれていません。

つまり、消化酵素を浪費しやすく、消化に負担にかかりやすい食事になってしまうのです。

夜寝るのが遅い

睡眠時間が短いことも酵素不足に繋がります。体内酵素は、夜寝ている間に再生されます。
睡眠時間が少なくなると酵素を生成する時間もなくなってしまい、酵素不足に繋がります。

間食や夜食がやめられない

食事を体内に取り込むためには、体内で生産できる限られた酵素を使って消化します。
食事の間隔が短くなると、その分消化酵素を毎回作らなければなりません。
すると他に必要な代謝酵素などを生産する余裕がなくなってしまうのです。

野菜や果物をあまり食べない(特に生で)

消化に負担をかけず、また消化酵素の役割を助けてくれるのが、
生の野菜や果物に含まれる「食物酵素」です。
生野菜や果物を中心とした食事ですと、それ自体が酵素を持ち消化しやすいだけでなく、
加熱した食品、肉や魚を食べる時も、消化の手助けをするので、酵素不足を防いでくれるのです。

料理をあまりしない。お惣菜や外食に頼ってしまう。

外食やお惣菜は、加熱した食品が多く、また野菜や果物もどうしても不足しがちに。
また、外食は揚げ物や肉類など脂っこい食事に偏りがち。
やはりこのような食習慣は酵素不足に繋がります。

満腹になるまで食べてしまう

最近では腹八分目や少食が、健康や長生きに繋がるという見方がありますが、
それにも酵素が関わります。やはり、食べ過ぎは消化に負担がかかりやすいのです。

特に酵素は40代から急激に減少します。

自分の体が生産できる酵素の量より多い食事を摂るということは、
それだけ消化酵素ばかりを消費することとなり、
細胞を新しくする代謝酵素や、老化を防ぐ酵素の生産が間に合わなくなります。

やはり年齢とともに食事量は減らしていった方が、酵素の観点から見ても、長生きや健康に繋がると思います。

どうでしょうか。

けっこう当てはまる、気になるという人は多いと思います。

酵素不足の生活を続けていると、
なんとなく体がだるい、痩せにくくなった、体が老化してきたといったことが現れます。
あなたのその不調も、酵素不足が原因かもしれません。

気になる商品を比較!『酵素の効果×おすすめの酵素液』比較表もチェック!



酵素の効果を引き出すコンテンツ

●ダイエットと酵素の関係〜酵素の仕組みをきちんと知ればヤセ体質へ変わる!

●美肌・デトックスと酵素の関係〜ダイエットだけじゃない、綺麗な人が断食をしている本当の理由

●病気がち・疲れやすい…酵素力UPで体質改善〜代謝力と免疫力向上には酵素がカギ

●酵素と便秘の関係〜酵素不足は腸に負担をかけていた!

●食べ過ぎリセットなら酵素〜絶食や食事制限より酵素摂取がリセット力を高める。

☆効果別商品比較表〜酵素の効果別に人気商品を徹底比較してみました!

Copyright © 酵素液・効果別おすすめガイド《ダイエット・体質改善・美肌》 All rights reserved