酵素を多く含む食品の特徴

酵素を多く含む食品を紹介します。

酵素を多く含む食品

酵素は、私たちの身近な食材に含まれます。これらの食品を積極的に摂ることで、体内酵素の働きを助け、 酵素不足を補います。

酵素の多い野菜
キャベツ、大根、山芋、ニンジン、ブロッコリーなど

スプラウト
植物の種子には酵素抑制物質が含まれますが、種子が発芽する際には酵素抑制物質が消滅、むしろ酵素の活性が高まると言われています。

酵素の多い果物
南国系の果物には多く含まれるようです。アボカド、バナナ、パイナップル、キウイ、マンゴー、パパイヤなど。
酢豚にパイナップルが入っているのも、本来は生パイナップルと合わせることで、肉を柔らかくする効果があります。 またパパイヤに含まれるパパイン酵素は、通常どれか単体でしか分解できない三大栄養素『たんぱく質・脂質・糖質』のすべてを分解する強力な酵素として知られています。

酵素を含む発酵食品
味噌、納豆、ヨーグルト
発酵食品に含まれる酵素は、これらに含まれる微生物(乳酸菌や酵母など)が作り出す酵素と言われています。 また、発酵食品はこの微生物により、食品そのものがすでに分解されており、消化酵素の負担を軽減してくれます。

3大栄養素を分解する酵素と、それらの酵素を多く含む食品

酵素は、その多くが3大栄養素(たんぱく質・脂質・糖質(炭水化物))のうちどれか単体でしか、分解できないと言われています。 ここではそれぞれの栄養素に有効な酵素を含む食品を紹介します。

脂肪を分解する酵素リパーゼを含む食品
明日葉、ほうれんそう、大根、セロリ、人参、キュウリ、トマト、イチジク、西瓜、梨

たんぱく質分解酵素プロテアーゼを含む食品
キャベツ、セロリ、ピーマン、パセリ、生姜、にんにく、パパイヤ、パイナップル、キウイ、梨、バナナ、林檎

炭水化物を分解する酵素アミラーゼを含む食品
キャベツ、レタス、ほうれんそう、サラダ菜、モロヘイヤ、クレソン、スプラウト、ゴーヤ、かぶ、大根、アボカド、柿、ぶどう、林檎、メロン

酵素の摂り方

酵素は50℃以上になると死活すると言われているので、なるべくこれらの食材を生で食べるようにします。
また、すりおろしたりジュースにするとよいとも言われています。

ただ、酵素を多く含む食品を、毎日頑張って食べるのは、かなり大変ですよね。
また、食品からの吸収率もイマイチなので、体内の酵素不足はなかなか解消しないのが現実です。

そこで、酵素液や酵素ドリンクを飲む習慣が注目されています。
実際、酵素液を飲みだしてから、「体が軽くなった」「疲れにくくなった」と感じている方もいらっしゃいます。
もし、酵素不足が気になるなら、酵素液という選択肢を一度検討してみてはいかがでしょうか?



酵素の効果を引き出すコンテンツ

●ダイエットと酵素の関係〜酵素の仕組みをきちんと知ればヤセ体質へ変わる!

●美肌・デトックスと酵素の関係〜ダイエットだけじゃない、綺麗な人が断食をしている本当の理由

●病気がち・疲れやすい…酵素力UPで体質改善〜代謝力と免疫力向上には酵素がカギ

●酵素と便秘の関係〜酵素不足は腸に負担をかけていた!

●食べ過ぎリセットなら酵素〜絶食や食事制限より酵素摂取がリセット力を高める。

☆効果別商品比較表〜酵素の効果別に人気商品を徹底比較してみました!

酵素を多く含む食品について。酵素は三大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)それぞれ分解できる酵素が違います。 これらの酵素を積極的に摂ることで、消化酵素の浪費を抑え、代謝酵素の生産を増やすことで酵素不足を防ぐと言われています。 ここでは、酵素を多く含む食品と、その摂り方について説明します。

Copyright © 酵素液・効果別おすすめガイド《ダイエット・体質改善・美肌》 All rights reserved