酵素の大切な働き

『酵素』とは良く聞くけど、一体どんなものかご存知ですか?また、私たちの身体にどのようによいのでしょうか?

酵素はタンパク質の一種であり、消化・吸収や燃焼・排泄といった人間の身体の働きになくてはならない物質です。 他にも、骨を作るのを助けたり肝臓や腎臓に働きかけるもの、呼吸やホルモンの分泌、神経伝達などの作用も介在しています。 酵素は、私たちが毎日健康な生活を送るために必要不可欠なものなのです。
酵素は、20歳前後をピークに、体内から減少し40歳を過ぎるとほとんどの人が酵素が不足気味になるといわれています。 しかし、今では若者までにも酵素不足が進行しがちです。疲れが取れにくい・身体がだるく重いなどの症状はないですか? それも実は酵素不足が原因かもしれません。
近年、若者が酵素不足に陥る原因として、食事の欧米化やストレスが上げられます。私たちが酵素をしっかり補充し、 健康的に過ごすにはどうすればよいのでしょうか?

体内酵素とは

酵素は大きく分けると、体内酵素と体外酵素があります。まずは体内酵素から説明しますね。

体内酵素の働きとは

名の通り、体内酵素は元々体の中にあり作られている酵素です。消化酵素と代謝酵素の2種類があります。
体内酵素の1日の生産量は決まっており、まずは優先して消化酵素(食べ物を分解し、吸収を促す)から使われ、残った分が代謝酵素(毒素を排出し、細胞を生まれ変わらせる)に 回されます。食生活が悪いと、その体内酵素のほとんどが消化酵素に回され、毒素の排出や細胞を作り出したりという機能が働かなくなるため、どんどん不健康な体になってしまうのです。
健康で、疲れにくく、痩せやすい体質を作るには、いかにこの代謝酵素の働きを助けるかにありそうです。

体内酵素の消耗を少なくするには

代謝酵素の働きを増やすには、消化酵素へ回す酵素を以下に減らすかです。
@アルコール・添加物・人工色素・保存料・動物性タンパク質を少なくする。
A食事は腹8分目に!
B夜はしっかり寝る。
まずはやはり、食生活に注意が必要です。消化に悪いものは極力控えることです。また、食べすぎもよくないのもわかりますよね。 夜にしっかり寝るのは、酵素は夜寝ている間に作られるので、睡眠をしっかりとらないと、1日に使える酵素の量が減ってしまうからです。 これでも、年ともに酵素の量は減ってきてしまいますし、付き合いもあるのでいつもこの3つを実践できるわけではないですよね。 そこで、体外から酵素を取り入れることが見直されています。

体外酵素とは

体外酵素の働きとは

体の外から取り入れる酵素のことをいいます。食物酵素とよばれ、消化酵素を助けます。 体外酵素をたくさんとることで、食べ物の消化を助け、代謝に酵素を回せるようにするのです。

体外酵素はどうやって取り入れるの?

酵素は熱に弱く、その働きは48度で死んでしまうといわれています。だから、生食である必要性があります。 酵素を多く含まれる食材として生の野菜や果物・お刺身や漬物、お味噌などの発酵食品があげられます。 ベストなのは生食と加熱食が半々になることと言われています。しかし、日常生活中でたくさんの生野菜を取り入れたりしていくことは非常に大変なことですよね。
そこで今とても流行っているのが酵素液です。ダイエットや美肌などで大きく取り上げられいますが、数十種類という野菜などが濃縮されており、 体質改善にも効果大です。なるべく、たくさんの生食を取り、酵素液で補助してあげることで、疲れにくく健康的な体を手に入れれますよ。



酵素の効果を引き出すコンテンツ

●ダイエットと酵素の関係〜酵素の仕組みをきちんと知ればヤセ体質へ変わる!

●美肌・デトックスと酵素の関係〜ダイエットだけじゃない、綺麗な人が断食をしている本当の理由

●病気がち・疲れやすい…酵素力UPで体質改善〜代謝力と免疫力向上には酵素がカギ

●酵素と便秘の関係〜酵素不足は腸に負担をかけていた!

●食べ過ぎリセットなら酵素〜絶食や食事制限より酵素摂取がリセット力を高める。

☆効果別商品比較表〜酵素の効果別に人気商品を徹底比較してみました!

Copyright © 酵素液・効果別おすすめガイド《ダイエット・体質改善・美肌》 All rights reserved